【女性の薄毛 脱毛の種類】

FAGA以外にも、女性にも特有の脱毛症があり薄毛の症状があります。

円形脱毛症

円形脱毛症とは、円形に脱毛する突発性の脱毛症です。精神的なストレスや免疫機能の異常により発症する事で気づかないケースが多いです。老若男女を問わず、誰でも発症する可能性があります。さらに広がったり再発をくりかえしたりする事があります。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とは、分け目が同じだったり、ポニーテールなどの髪型で常に髪を引っ張っていたりすることで、継続的に頭皮・毛髪に負担をかけることで起きる脱毛症です。ヘアスタイルを変えるなど、毛髪や頭皮の負担を減らすことで、予防したり症状を改善したりすることができます。

分娩後脱毛症

妊娠中は女性ホルモンの量が増加し、プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンが多く分泌されることで、髪の毛の成長が保たれています。出産後はホルモンの減少によりバランスが崩れやすくなることから抜け毛が増えます。分娩後脱毛症は多くの場合、一時的な現象で半年~1年ほどで改善します。