FAGA

【女性の薄毛になる原因 ヘアサイクルの関係性】

女性の場合、ヘアサイクルが乱れる原因は、ホルモンバランスの乱れや血行の悪化などが多いですが、ストレスをはじめ、遺伝的要素、冷え性、シャンプー、睡眠不足、産後の分娩後脱毛症など様々な原因が考えられます。

FAGAは、加齢に伴い女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位に働く事により発症します。本来男性ホルモンは発毛する為に必要ですが、「5a(還元酵素)」と結合すると、薄毛抜毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出してしまいます。女性であっても、この影響により「髪の軟毛化」となり全体的に抜毛の量が増えたり、ボリュームダウンしたりと繋がり薄毛の原因を引き起こします。中には、男性AGA(男性型脱毛症)と同様に10代の思春期前の男女が発症する超早期脱毛症もあります。

びまん性脱毛症について

女性のFAGAは、「びまん性」と呼ばれる事が多く、全体的に髪の密集が低下する状態で、生え際が後退するのではなく髪のボリュームが減ったり、分け目の広がりが目立つようになったり、髪の毛が細くなりハリやコシがなくなる状態のことをいいます。これら、びまん性の原因のなかに加齢やストレス、食生活の乱れなどが挙げられます。

女性ホルモン エストロゲン

代表的な女性ホルモンであり、女性らしいカラダをつくるのになくてはならないもので、肌や髪に潤いを守ったりする役目をしています。加齢によるヘアサイクルの変化が出てくるのは仕方のない事ですが、女性ホルモンの減少で起こるFAGA(女性男性型脱毛症)には関連性があります。加齢により女性ホルモンの分泌が低下すると、これらの働きが弱まり、薄毛になりやすくする原因をつくってしまいます。

関連コラム