抜け毛予防に期待できる食材とは?

日本人男性だけでも1100万人以上の方々が悩んでいると言われている、AGA(男性型脱毛症)。

実はAGAの治療を専門的なクリニック行う場合、保険の適用がありません。

そういったこともありAGAの治療に一歩踏み出せない、という方もいるはずです。

そこで今回は、抜け毛などの予防に効くとされている成分やそれが入っている食材を解説していきます。

この記事では、

・AGAの原因
・抜け毛予防に期待できる成分
・その成分を摂取できるおすすめの食材

この3点を中心に解説していきます。

AGAはどういう仕組みで起こっている?

まずはAGAの原因から解説していきます。

男性ホルモンであるテストステロンが還元酵素によって変換され、DHTという男性ホルモンが生まれます。

この通常の男性ホルモンであるテストステロンがDHTに変換されること自体は決して悪いことではないのですが、このDHTというものがアンドロゲンレセプターというものと反応と、毛母細胞に抜け毛などAGAを促す信号を出してしまいます。

そのため結果からしてDHTはAGAの原因だとされています。

実際に専門的なクリニックでよく使われている治療薬にも、このDHTを抑える効果が期待できる作用があります。

それほどAGAの治療にはDHTを抑えることが重要だと言われているのです。

抜け毛予防の効果が期待できる成分は?

AGAの原因を知ったところで、この章ではその抜け毛などの症状を予防する効果が期待できる成分について、解説していきます。

まずは髪の毛自体の主な成分をしていきます。

この主成分を見ていくと、なんとなく摂ればよいものが見えてきます。

髪の毛というのはおよそ9割がタンパク質で出来ているのです。

そういったことを踏まえると、食べ物からタンパク質を摂ることも予防として有効な成分です。

タンパク質も他にも摂るのにおすすめな成分はあり。それはビタミン系です。

ビタミン類、ミネラル類は発毛の環境を整えることについておすすめな栄養素となっています。

この後の章で詳しくお話しますが、色々な種類の成分を摂取するためにはそれだけ色々な食べ物を用意しないといけなくなります。

しかしそういったことだと経済的に厳しくなってくるので、様々な栄養素を一度に摂れる食材や食事の組み立てが必要です。

レパートリー自体増えていくと、抜け毛予防のための食事に関しても飽きが来なくなるので、料理や使う食材に関して、様々なレパートリーを開拓していきましょう。

抜け毛予防に有効的なタンパク質やビタミン類などを効果的に摂れる食べ物は?

前章では有効的な成分を学びましたが、成分だけ知っていてもその成分を摂取する方法を知らずには意味がありません。

これから勉強していきましょう。

まずタンパク質からですが、髪の毛の主成分となっていて、9割を占めているとお話しました。

そんなタンパク質ですが、少々意外かも入れませんが納豆に良質なものが含まれているとされています。

毎朝決まって食べているという方も多くいますので、習慣づけしやすい食材でもあります。

継続的に食べなければ意味がないので、納豆は有効な成分を含む食べ物としておすすめです。

そして2つ目はレバー。

抜け毛予防におすすめのビタミンB群をはじめ、亜鉛や鉄分など、様々な有効成分が入っています。

そのような様々な有効成分が一つにまとまっていると料理にも使いやすく、手に入りにくいというわけでもないので、AGAで悩む方が多い年代の方々には元々身近な存在なのではないでしょうか。

そしてビタミンに特化しているものと言えば、やはり柑橘系の果物です。

ビタミン類には血管を広げる効果が期待できるので、血行促進の期待大です。

頭皮の血流が上がることで、AGAの対策に有効です。

まとめ

ここまで、AGAの対策や予防に有効である成分、タンパク質やビタミン類についてまとめました。

ビタミン類には血管を広げる効果が期待できるのでおすすめで、タンパク質は髪の毛の主成分であることからおすすめの栄養素として紹介しました。

食材に関してはレバーが一番おすすめで、ビタミン類や亜鉛、鉄分を含んでいるので、AGAに有効とされている栄養素が一つにまとまっているということです。

一つにまとまっていれば調理もしやすいので、味つけを変えながら飽きないように定期的に食べることをおすすめします。

改めて今回は、抜け毛予防に有効的な栄養素、そしてその栄養素が含まれている食材についてまとめました!